FF14 攻略 【クリスタルコンフリクト ナイトの立ち回り】

FF14
ナイト
yuigame

このサイトの運営者 ゆいですゲームの楽しさをお伝えできればと思ってます。飼い猫のありす きゃすもイラストで登場させてます!

yuigameをフォローする
ゆい
ゆい

クリスタルコンフリクトのナイトの立ち回り 技の解説やコンボ、LBの使いどころ、マクロ等を紹介していきます。

ナイトのアビリティ解説

基本コンボ ファストブレード→ライオットソード→ロイヤルアソリティ(威力3000、4000、5000) ロイヤルアソリティまで入れると基本コンボのホットバーがロイエに変化。防御を使っている相手を攻撃する時は基本コンボを回してロイエを解除後に叩き込む。

コンフィティオル 対象とその周辺に8000の範囲ダメージ+聖刻を付与する、聖刻を付与した相手を攻撃するとHPが2000ずつ回復する(効果時間10秒)

シールドバッシュ 威力4000の3秒スタン効果 腐らせるくらいならリキャスト事に使ってもいいが相手が防御を使った解除後やもう少しで倒せそうな時に使う。(使用後はコンボがロイエに変化)

インターヴェーン 20mの突進攻撃、威力は2000 コンボがロイエに変化。

ガーディアン 20m内の味方に急接近しつつ、かばうの効果(ダメージを肩代わりする)インビン中でもダメージを食らう事と範囲が10m 離れると効果がない所に注意、MPがつきて追われてる味方や倒されそうな人に使ってあげましょう。

ホーリーシェルトロン 20%の被ダメージ軽減(効果時間10秒)と12000のバリア(効果時間5秒)バリアが割られなかった場合周囲に威力2000のダメージ+バリア量の50%ダメージ+ヘビイを付与する。

ロイエ 威力8000と自己回復4000、ロイエは3スタックまで溜める事ができる。

LB:ファランクス 10秒間すべての攻撃が無効になりブレードオブフェイス・トゥルース・ヴァラーのコンボが使用可能に4000、6000、8000の威力+聖刻付与(聖刻が付与した相手には威力1,5倍)さらに15m範囲の味方のダメージを50%カット。120秒と溜まる時間が遅いので使いどころを見極めないいけない。

立ち回り

前線を維持できるのがナイトの最大の強みと貢献できるポイント快気はHPが4万台に入るまで使わず、状況によってはMPが0でも下がらず、ホーリーシェルトロンのバリアとコンフィティオルからのコンボによるHP回復で耐える事で味方が攻撃しやすくなり戦況が好転します。

MPが少ない状況でも4秒に500ずつMPは回復するのでホリシェル・コンフィを駆使してできるだけ下がらないようにする、味方が落とされたりで周りに1人もいない状況ではさすがに耐えれないのでMPがある時でも逃げてください。

クリスタルが鎖で繋がっている開幕は遠距離戦で消耗した相手や突っ込んできた相手ににコンフィティオルを入れてインターヴェーンで突撃からのロイエコンボ、この時シールドバッシュが入ると一気に倒せる確率が上りますが、相手も防御でスタンを無効化してくるのでしっかり確認しておく事

コンフィティオルは25mとかなり遠い距離からでも届くので覚えておきましょう。

ここから右の木人がコンフィティオルの届く限界です。
死なないぎりぎりまで耐えて前線を維持する MPが尽きても各種アビリティと防御を駆使して前線を維持する。

開幕で味方が突っ込んでしまい倒されそうな時や追われている味方はガーディアンでかばいましょう。

ナイトのコンボはコンフィテイオルからインターヴェーン→ロイエ→インターヴェーン→ロイエ→シールドバッシュ→ロイエです、スタンを防御で無効化されないように注意。

シールドバッシュは相手が防御中でなければどのタイミングでいれてもOK 

ファランクスの使いどころは相手のLBが見えた時、竜騎士のスカイハイやLBが溜まっている侍の崩しガンブレイカーの連続剣等で味方が壊滅しないように使う。

竜騎士のLBが見えたのでこちらもLBを発動。

周りに味方がいない時に使っても10秒無視されるだけで終わるので厳禁(オーバータイムでクリスタルに乗っておかないといけない時は別)

中盤以降も前線の維持とHPが減った相手や防御解除後の相手にスタンする事でアシストしていく。

ナイトのガーディアンマクロ

自分に近い味方をかばうマクロ
PTリストから仲間をかばうマクロ 数字を変更して使用してください。

最後にまだまだ練習中のナイト動画。

ゆい
ゆい

他のジョブよりも引いて軍用ポーションの使うタイミングが違う事に気づかずカジュアルマッチでも勝てずで苦労しましたが、前線の維持を意識するようになってからはクリスタルランクでも優位に戦えかなり強いジョブだと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました